JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

誰かの為に必死でやることの大切さ

  • 2023.05.27
  • 嶋村 友章

交流会にて

本日は、夕方から士業と不動産業者の交流会に行きました。先週も交流会に行ったのですが、今日と明日、明々後日と立て続けに交流会の予定が入っております。
以前、別の交流会でお会いした方と本日また出会うという経験をしました。僕はなんとなく、見たことある方だなという感覚で名刺をお渡ししてしまい、相手の方の名刺を受け取って気がつきました。
その方は僕がどこの会社で何を話したかを覚えていて、とてもびっくりしました。

初めての経験で言うと、もう一つありました。それは、名刺交換をさせていただいた会社の社長さんから交流会後すぐに直接電話をいただいたことです。
交流会後に、お礼のメールをいただいたり送ったりするのが通常のやり取りのなか、すぐに電話をするという行動の速さに驚きました。
内容は、売却案件について話した件で、ぜひともお客さんに紹介したいということでした。
交流会での出会いで形になったらと考えると、とてもワクワクします。

とある社長の人望が厚い理由

夜からは、いつもお世話になっている同業のY社長のお誘いで、時間も忘れ気づけば終電まで飲んでおりました。
一緒にお仕事をさせていただいたり、定期的に飲みに誘ってもらう仲ではあるので、Y社長の生い立ちやバックボーンは元々伺っておりましたが、今日はまるでインタビュアーのように根掘り葉掘りと色々聞いてしまいました。

と言うのも、私は最近中国の方のお客様と接する機会が多いのですが、Y社長は中国で仕事をしていたこともあり友達やビジネスパートナーで中国人の方が多く、どのように知り合って繋がったのかがとても気になったからです。
Y社長の話を聞いていて思ったのが、社長は絆をとても大切にされていると強く感じました。
お金の対価ではなく、自分を必要としている方がいるからその方のために全力で動く。
善いも悪いも、自分が受ける結果のすべては自分が作ると思うので、自分も常日頃から良い行いを心掛けたいと思います。

一覧に戻る
関連記事

2023.05.13

買取再販事業について
嶋村 友章

2023.03.13

情熱は人の行動を変える
嶋村 友章

2023.09.25

考えないといけない事
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.