JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

インタビューの文字起こしはとてもハード

  • 2023.09.18
  • 芳賀 和樹

文字起こしの大変さ

今日は、昨日インタビューをした動画を、Nottaというサービスを使って、文字起こしをしました。
1時間のデータは重く、なかなかインポートできませんでしたが、別の作業をしている間に、気付くとインポート完了。
早速、データをWordに移し替えて、文字起こししたものを、読んだのですが、これがなかなか難解で、、例えば文字が正しく表示させれていなかったり、読んでいてもわからないところも多く、その都度、音声をもう一度聞きながら、入力し直しました。

そして、1番改善しないといけないポイントは、インタビュアのスキルでした。
インタビューするときは、「ちなみに」というフレーズはとても便利ですが、これを多用しすぎると、話に深みがなくなってしまうのと,読んでいる時に、ここもっと詳しく知りたいなと思うことが多々ありました。
今日の明日でうまくはなりませんが、量をこなすことで、インタビュアのスキルは上がると思うので、まずは数を重ねています。
そして、文字起こしの業務を如何に簡単にできるようにするかも、今後の課題になります。

はじめてのことはまずは自分が、、

今回文字起こしを自分でやって思ったことは、とてもとても大変でした。
私は、1時間作業すると、集中力がきれてしまうので、ちょっと違う作業して、また1時間やりました。
この作業を連続でできる人は、本当にすごいと思います。
これは経験しないとわからないことだったので、すぐに自分でやってみて良かったです。

私がインタビュアなので、どれだけやりやすい環境を作れるかがポイントです。
そしてやりやすくなった状況で、仕事をお願いすることで、会社にとっても、業務を行う人もとっても効率がいいと思います。
今までは、当たり前にお願いしていましたが、そうではなく、まずは自分がやってみることが大切なんだと実感しました。
一見遠回りに見えるかも知れませが、実がこれが近道というか効率化なんだと思います。

一覧に戻る
関連記事

2024.01.25

「伝える力」これを身につけていこう
芳賀 和樹

2023.12.02

否定的なことは言わないし考えない
芳賀 和樹

2023.02.15

ホームズの担当と2時間話す
芳賀 和樹

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.