JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

第4回目の交流会

  • 2023.10.21
  • 嶋村 友章

社長に全て丸投げの第4回目

昨日は、第4回目の自社の交流会がありました。
自分が宅建の試験があったので、開催までの準備を含めて代表の芳賀が、自分の代わりに全て行ってくれました。
今回、私は何もしていないので、いつもとは違う立場で参加しました。
開催までの告知や、二次会の場所を抑えないといけないため、直前まで人数の調整を考えないといけないことなど、今まで行なっていたこと全てやらなかったので、純粋に会を楽しめました。

芳賀は、「自分で主催をやってみて大変だということが分かったので、やってみることは大事だね」と言っていました。
芳賀の場合、開催までの作業が大変だということでしたが、自分はどちらかというと開催前よりも、当日に周りを気にして話に集中できないことの方が負担を感じてました。
今回は、それがなかったので会の出席者として純粋に楽しむことができました。

客観的に見えた事

主催するにあたって、自分と芳賀の違う点はスピードの速さです。
具体的には、二次会の場所を予約することや、参加費用をpaypayで支払いをしたタイミングで領収書を送ってました。
それに一般の募集をするにあたって、こくちーずでの文面も写真を使って凝った作りだったので、過去に自分が作った内容とは見栄えが全然違いました。
事実その効果で、こくちーず経由での応募が3名もありました。

今回参加してくださった士業の先生で、有名な交流会の主催者側として運営に携わっていた方のアドバイスもあり、次回からは会の内容も大きく変わりそうです。
弊社の交流会の最大のウリは、アットホーム感です。
その為、毎回出席していただくリピーターの方も多いので仕事の相談がしやすいです。
その根本の部分は、コンセプトとして常に持ちつつ、バージョンアップをしていこうと思います。
試験が終わり自分の肩の荷が下りた分、今後、精力的に告知活動をしていきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.05.19

投資用物件の契約と決済にて
嶋村 友章

2023.11.26

納得するには理由が必要
嶋村 友章

2023.11.01

外国籍のお客様のローン審査にて
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.