JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

苦渋の決断

  • 2023.11.04
  • 新井 健史郎

物件の価格更新

今日は自社で販売しているリノベーション物件「南砂住宅2号棟」の金額を3,990万円→3,790万円に200万円の販売価格改定を行いました。200万円という大きな値引きは初めてです。もう売れたとしてもマイナスになってしまう金額になってしまっているので、なんとかこの金額で売り切りたいと思います。今回の価格に至るまでには色々な経緯がありました。

販売してから続々と同じ間取りの新しいリノベーション物件が増えてきました。5件ほど同じような金額で並んでしまっているので「1番早く売ること」が自分のテーマでした。部屋位置やリノベーション内容には自信もあったこと、去年3,950万と3,980万で売れた経験もあったので、下げるのももったいなく感じてしまいました。金額を芳賀とも話し合い、どうせやるならもっとわかりやすくとの意見もあり、3,790万の金額を定めました。

このようにならないためにも

今回の物件がマイナスとなってしまった1番の原因は、「物件を高く買い過ぎてしまっている」ことです。仕入れて販売するうえで、マイナスになってしまうこととプラスになることには大きな差があります。色々と動いた結果としてマイナスが出てしまうと、時間を無駄にして会社にもマイナスとなり、良いことがありません。挑戦したことは経験となりますが、他は改善が必要になります。

安く買うための動きを取れていないことが全ての原因につながるので、ここは考えないといけないところです。仕入れに対してのミーティングをおこない、これから来年に向けてやっていくことは明確になったので、より質の高い仕入れをすること、案件の量でマイナスをカバーするなどこれからに向けて考えていきたいと思います。「高く買ってしまったかも」と不安にならないよう、自信を持って仕入れ契約をおこなえるように取り組んでいきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.10.13

査定→動画の習慣が付いてきてます
新井 健史郎

2024.05.17

お客さま宅へ
新井 健史郎

2023.08.27

それぞれのお部屋に特徴が
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.