JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

動画がもたらした出会い

  • 2023.11.12
  • 嶋村 友章

待ちに待った内見

森下の物件の案内に行きました。
内見する物件を決めたあと、売主さん側と都合が合わずに3週間近くお待たせしてしまいました。
一緒に内見するお客さまのご子息さまと、お会いするのも、お話ししたのも初めてでしたが、私がお送りした動画を見ているからなのか、とても親近感を持っていただいているように感じました。

もともとお問い合わせをいただいたお母さまとは、お会いする前にメールのやり取りから物件紹介と資金計画書の動画をお送りし、興味持っていただけたので来社してくださいました。
問い合わせいただいたお客さまへのコミュニケーションツールに電話を使っていた私からすると、掲載物件以外のものを内見するのにあたり、電話を一切せずにお会いしたお客さまは初めてでした。

動画で良かった点

3件の物件をご案内し、空室の1件目の案内以外は売主側の業者立ち会い予定の物件だったため、話す時間があまりないだろうというご子息さんからの気遣いで、最初の部屋の案内中に不安に思っていることの質問を受けていたら話が盛り上がって危うく次の時間に遅れそうになるところでした。
そのやり取りを見ていたお母さまから言われたのが、(私が)知らない事についてもなんでも話してくれるから信頼を置けるということでした。

今回の場合は、電話での言葉のキャッチボールのやり取りがなく、動画という形で自分が一方的に自分が話すだけです。
一方的に話すのは得意ではないですが、動画でお客さまが考えていない知識を伝えるという点が良かったみたいです。
案内中も、お客さまが購入後に売却することは考えてないと思いましたが、私が売却視点での物件選びについて話したことによって、もっと知りたいとのことで、後ほど電話で質問がありました。
自分だったら、知らないことを積極的に教えてくれる営業に頼みたいと思うので、お客さまにお伝えしたことが考えるきっかけになって喜ばれることは嬉しいと思いました。

一覧に戻る
関連記事

2023.05.27

誰かの為に必死でやることの大切さ
嶋村 友章

2023.03.22

何のためにするのかを考える
嶋村 友章

2024.04.21

この瞬間の為に仕事をしています
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.