JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

使命感を持って仕事をする

  • 2023.11.19
  • 嶋村 友章

行動前に頂いた絶賛

ポータルサイトから、お客様のお問い合わせがありました。
電話でお話を伺っていると、大学に進学するご子息さまの家を探していらっしゃるとのことで、その間、家賃を払うのであればと購入を検討されているとのことでした。
条件をお伺いすると、以前、同じ理由かつ、全く同じエリアで探されているお客さまがいらっしゃいたので、そのエリアの市況をお話ししました。
動画で物件情報を説明したものを、お送りしますと話すと、「素晴らしい」と喜んでいただけました。

お客さまには2、3日のお時間をくださいとは言いましたが、お送りする前からとても絶賛して頂き、楽しみに待っていただけていると思うと早くお届けしたいという気持ちになります。
私へのお褒めの言葉を聞いただけでも、その言葉や褒め方から、お客さまの優しそうな人柄を感じました。きっと人を育てることが、お上手なんだろうなとふと考えてしまいました。

普段は聞き役が多い私ですが

ローンについてのご説明から、ご職業を伺うとドクターをされているとのことでした。
私が中学生の頃に大病をし、日々、命を助けられた恩を感じているお仕事と聞いて、普段は相手の話を聞くことが好きな私ですが、思わず自分のことを話してしまいました。
お客さまにとっては不動産とは関係ないことなので話は脱線してますが、それでもしっかりと話を受け止めていただき嬉しく思いました。

命に関わる現場では決断の連続となり、そのストレスは計り知れないものだと思います。
“藁にもすがる思い”と、よく言われますが私の親も自分の子の為に僅かな可能性を求めて病気に効く民間療法を探したり、周りの知人に輸血のお願いなど動いてくれたのを覚えております。
医療現場と比べるのはおこがましいかもしれませんが、お客さまの大事なお金を自分が動かすかもしれないという責任があるので、その使命感を持ち、精一杯やり切ったと心の底から言える仕事をしていきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.06.23

改めて感じた人間心理
嶋村 友章

2023.07.02

内覧会と飛び込み訪問
嶋村 友章

2024.04.29

二宮町戸建ての内覧会
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.