JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

売主さんの気持ちになり過ぎて

  • 2023.12.24
  • 新井 健史郎

契約が2件ありました

今日は物件の仕入れ契約と売却の仲介で2つ契約がありました。まずは仕入れの契約からでしたので、仲介業者さまの事務所へと向かいました。大手の会社さまだったこともあり、現地に着くと重要事項説明書の読み合わせから入りました。弊社が買主なので説明はしなくてもよいのですが、売主さまに対して簡単に内容をご説明されておりました。大手の会社の丁寧さを感じました。

手付金をお支払いすると、お札を数える機械を初めて見られたようで、売主さまは興味津々になっておりました。そのあとは少し時間があったので、売却までの経緯や、他の業者のご対応について、気になっていた浴室の水圧についてなどを確認しました。無事にやることが終わったので最後に決済日の日程確認と、場所が秋葉原や銀座近辺になる可能性があることを先にお伝えしました。後からだと少し言いづらくなると思い、先に告知しておきました。

うっかり印鑑を忘れました

2つ目は売主さまの仲介として入りました。まずは設備表と物件状況報告書を記載してもらい、買主さまの説明が終わるのを待っておりました。その間に先にこちらのご捺印とご署名を済ませておこうとなり、記載をもらいました。売主さまから「ハンコを押していいですよ」と印鑑を預けていただいたのでこちらで確認しながら押していきました。そして印鑑を押し終えて満足げにしていると、ミスを発見。

自分の会社の仲介印を押していないことに気が付きました。売主さん側の気持ちになり過ぎて、うっかりしておりました。自分で気がつけたのがまだ幸いです。仲介印を押して書類関係を整理して無事に契約終了となりました。引き渡しまでお願いしますねと売主さまからも言っていただき、年を越す前に色々とお話がまとまり、良かったです。明日も朝からご契約があるのでミスがないように気を付けます。それではメリークリスマス🎄

一覧に戻る
関連記事

2023.08.06

150件のピンポン営業
新井 健史郎

2023.06.26

ご縁がありました
新井 健史郎

2023.10.15

宅建士として
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.