JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

トラブル対応もしっかり向き合う

  • 2024.03.03
  • 芳賀 和樹

想定内にしておくためにも違和感を感じたら行動

今日は、先日購入いただいた買主様のクロス補修エアコンの設置に問題があったので、私も同席させていただきました。
本来であれば購入したばかりの物件ですので、このようなことがあってはならないのですが、起きてしまった以上、現実から目を逸らさず、真摯に向き合うことが大切だと思い、現地に向かいました。
現地には約束の15分前についたので、近くの川を眺めながら今後私が変えていかないといけないことを、スマホのメモに箇条書きをしているとあっとという間に、時間になったので、玄関入口まで行きインターフォンを押しました。

買主様はすぐに出てきていただき、その後今回の不手際がなぜ起きたのか、どう対応するかリフォーム業者と話し合い、そして、話した結果リフォーム業者が不手際を認め、対応するとのことでしたが、どうしても、私のなかで腑に落ちない点があったので、話し合った後に、数秒だけ考えて対応策についてリフォーム業者の社長と電話したい、そしてそれをスピーカーにして聞いていただきたいと提案。

クロスの張替を一部始終確認

買主様は、「ぜひお願いします」とのことでしたので、その場で電話をしました。
電話で確認したかったことは、エアコンの設置の対応方法でしたが、正直私や買主様が求めているものではなかったので、電話を切ったあと私の方から、いくつか提案させていただきました。

その提案には、買主様も理解を示していただいたので、次にクロス補修工事に入りました。
クロスを補修と言っても壁一面を剥がするので、補修というより張替になります。
今まで、クロスを張るところは見たことなかったので、今回一部始終見れたことで、現場を知ることができたので今後は積極的に足を運んで、わからないところは聞いていこうと思いました。
とは言え、今回はこのようなことを言える立場でもないので、猛省してしっかり改善していきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.09.30

やりた過ぎてという感情が芽生えてきました
芳賀 和樹

2023.05.16

Lステップの厳しい洗礼を受けました
芳賀 和樹

2023.01.18

改めて学ぶことの大切さを知った
芳賀 和樹

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.