JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

どうすれば買取ができるか

  • 2024.03.05
  • 嶋村 友章

目線を聞くことが大事

最近、査定依頼が増えてきました。
タテウチの新規の電話営業がほとんどできてない実情に変わりはありませんが、ピンポイントでの営業と、知り合いの業者さんに意識して買取案件の情報を欲しいと言っていたことが、増えてきた理由です。
当たり前ではありますが、査定依頼をもらうために動いていると、案件は集まってくるということがわかりました。

今まではなんとなくでしか分かっていなかったことも、査定の数をこなしているからこそ分かってきたことがあります。
それは、物件の条件がそれぞれ違う中でどんな物件が買取として成立するかです。
例えば、リフォーム費用の値上がりが著しいので、面積が広いほど査定の金額に影響してきて、金額が安くないと買取として成り立ちません。
リノベーション後の価格の相場が分かれば、査定をする前からある程度、物件が高いか安いかの判断はつきます。
その為、担当者に目線を聞いておくことが重要だと思いました。

情報量をどれだけ得られるか

最初から物件を安く売ろうとしている業者はいないので、目線を聞いてあらかじめ数字が合いそうか合わなそうかを考えることは査定する効率上、大事です。
ただ、いくら頑張っても目線が合わない物件は買取として成立しないので、査定依頼する業者さんがどれだけ営業活動をしているかによって自社で買えるかどうかは決まると思います。

査定依頼を多くもらったところで、買えなければ意味がありません。
案件の出所が重要になってくるので、査定依頼を受ける中でいかに担当者との関係性を作っていけるかが重要になってくると思います。
仲介もそうですが、買取でも相手からどれだけ情報を聞けるかが大事だと思いました。

一覧に戻る
関連記事

2023.04.14

本当は購入できるのに買えないお客様もいる
嶋村 友章

2023.07.11

デキる人の行動力
嶋村 友章

2023.11.05

仕入れで結果を出すために
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.