JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

はじめてのタワーマンション

  • 2024.03.08
  • 事務員・マキ

まるでホテルのような贅沢空間

ついにタワーマンションの買取ができたということで、はじめてのタワーマンションに芳賀代表と新井さんと一緒にいってきました。豊洲駅すぐのららぽーとの敷地内にあるタワーマンションで、ららぽーとなどの商業施設、オフィスビル、そして住居用のタワーマンションがA、B、Cと連なり、まるでひとつの街のようでした。そして、当然のように迷子に。なんとかかぎ取りにいっていただいた新井さんとも合流でき、さっそくエントランス内に入り、ロビーを探索しました。コンシェルジュの方はもちろんいらっしゃり、ロビー横にはピアノのあるラウンジがありました。ホテル空間そのものでした。そしてエレベーターホールに入るにもキーが必要、エレベーターのボタンを押すのにもキーが必要と、セキュリティの高さにおののきました。そんなこんなでみんな初めてのタワーマンションに浮足立ちながら室内へと向かいました。

天井の高い絶景眺望のお部屋

お部屋は42階と上層階。まずはバルコニーへと向かうと、スカイツリーがばっちり見え、海とビル群を一望できる眺めが広がっていました。どちらかというと空との距離のほうが近く感じられました。室内も天井が高く、窓も大きいので、なんとなく空気がおいしい気がしました。1LDKのお部屋ですが、LDKの並びにガラス戸でのお部屋があるといったかんじなので、ひろびろとしたワンルーム感もあり、いまどきなお部屋に感じました。60㎡ほどですが、普段は3LDKにする広さですが、ワンルームのように使う贅沢感にも少々感慨深さを感じました。タワーマンションがタ大好きな芳賀代表が今回のお部屋はプランを決めるとのことで、どんなお部屋に変身するのか楽しみです。

一覧に戻る
関連記事
thumbnail

2023.05.16

スタッフインタビューをやってみる
事務員・マキ
thumbnail

2023.09.07

コロナからの復帰
事務員・マキ
thumbnail

2023.01.16

日報のやり方を考える
事務員・マキ

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.