JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

気持ちよく住んでもらう

  • 2023.07.06
  • 新井 健史郎

清掃に行ってきました

今日は自社で販売している物件の掃除に行きました。今週末に契約予定となり、お客さまが契約前に最終確認に来られるとお伺いしましたので、より良い状態にと考えました。販売期間が長くなってしまうと、下水の匂いや、虫なども入ってきてしまいます。埃なども出てきてしまうので、事前に対応をしに行きました。

まずは匂いの対応から。古い物件は特にトイレ、洗濯機の防水パンから発生してしまうことが多いです。水をこまめに流していれば防げるので、住んでからは問題ないのですが、買主さんは気になってしまいますね。会社にあったパイプユニッシュの出番です。その他にも、ビニールの手袋やタオル、滑りを良くするものなど気付けば会社には対応を行える道具が揃っておりました。ペットボトルに水を入れて、流し込むと匂いは無事に消えました。

バルコニー側は要注意

そのあとは室内の清掃を行いました。下の階になると特に虫が多くなってしまう印象があります。今回は6階でしたので、大きな被害はありませんでしたが、バルコニー側の床は埃がかぶってしまっておりました。あとは水垢がありました。キッチンなどご内見時に水を出してしまうと跡がついてしまいますね。このあたりは他の不動産業者さまの物件をご案内する際も注意したいです。

その他にも鍵の確認、ポスト、引き渡しまでに行うことなどを再度整理しました。せっかくお金をかけてリノベーションを行なっているので、変な部分でマイナスな印象を持って欲しくないですね。あとは引き渡し前にもう一度、お湯が出るのか、電気が通っているのかを一つ一つ確認します。数ある物件の中で、当社の物件を選んでいただけたからには、快適な気分で新生活を送ってもらえるようにしっかり準備していきたいと思います。

一覧に戻る
関連記事

2024.03.22

良い結果を祈ります
新井 健史郎

2023.04.17

売却のご相談を受けました
新井 健史郎

2023.02.21

良い方と巡り会えますように
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.