JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

何かしら行動すれば何かしら、感じるもがある

  • 2023.11.20
  • 芳賀 和樹

部下のお手伝い

今日は部下の案件を、不動産会社に買取査定をしてもらうために、電話営業をしました。
もともと社会人の時は一日中電話営業をしていたので抵抗はなく、サックとはじめました。
ちなみに、買取査定ももちろんしていただきたいのですが、もうひとつ私の中にはテーマがありました。
それは相手の立場にたった時どんな気持ちになるかが知りたかったので、行動に移しました。(買取側ではなく買取を依頼する側)

実際やってみると、一般の方に電話するより主権者が出ることが多いので、まったくストレスにはなりませんでした。
また、電話営業をするときの1番の敵は、誰も出ない時の睡魔だと記憶していたので、その点も問題なかったです。
さらに、お相手の業者さんもとても感じが良い方が多かった印象です。
それでも、電話で買取物件を査定依頼するやり方については正直、なんとも言えないものがありました。
テクノロジーが進化しているので、効率を考えても電話じゃなくてもいい方法はありそうな、、
なんとも言えない感じはしましたが、今後仕入営業は電話でもするので、ここでこの経験ができたことは良かったです。

電話営業して気付いたこと

今回の電話先は、レインズで中古戸建、埼玉県そして「検索」そこから売主物件の業者を見つけて連絡しました。
と言うのも売主ということはすでに不動産業者が、リフォームもしくはリノベーションをして、販売しているからです。
同じようなことをしていると言うことは、ニーズがあるのでないか思うのは、業界では当たり前の話ですが、このやり方で電話を打っていきました。

電話をうち始め早々からとても良い社長がいて、今の新築や中古の市況を具体的な数字を使って、説明してくれた方がいました。
もっと詳しく聞いたら、ビジネスモデルまで教えてくれるのではないか思うぐらい、なんでも答えてくれてとても嬉しい気持ちになりました。
行動を起こすとなにか起こる、そんな生きた情報をいろいろと吸収できるので、たまにはいつもと違うことをしても良いと改めて思いました。

 

一覧に戻る
関連記事

2024.02.17

使命感に駆られました
芳賀 和樹

2024.02.05

少しずつ変わってきた私のマインド
芳賀 和樹

2023.06.03

今までの考え方を変えてみます
芳賀 和樹

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.