JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

ホームページのトップ画面を考えた

  • 2023.12.13
  • 芳賀 和樹

その場で思いがかたちになる

今日は、ホームページの作成会社の方に来社していただき、ファーストビュー(ユーザーがWebページを表示したときに最初に目に入る範囲)を決めていきました。
キャッチコピーやタイトルなど話しながら足りないところを補い、その場でWebデザイナーの方が、かたちにしていくあたりはさすがだなと思いました。
以前までは、zoomで担当者の方がヒアリングして、それをデザイナーに落とこんでいくので、なかなか、思うようにいかずヤキモキしていましたが、今回の業者さんはフットワークが軽いのでとてもありたいです。

話し合いも和やかな雰囲気でお互いの意見を尊重し合いながら行うので、アイデアも湧くように出て、最終的にはじめにお待ちいただいた案とはまったく違うものになりましたが、それも話し合いを重ねた結果だと思います。

LP感のないページを、、

そんなは話の中で、マキさん(@Twin Company1)がオブラートに包みながら、もう少しLP感を抑えることはできますか?と業者さんに尋ねると、人物の写真をもう少し小さくするのはどうでしょうと提案をいただきました。
正直、私はこのLP感がよく分からなかったので、どう言うことかと聞くと、すかさずネットで検索していただき、パソコンをこちら向けて説明してくれました。

私も、画像を見てピンときました。どこか機械っぽいというか、仰々しいというか、作られた感があり、こういうページはよく見ると思いました。
他の業者のLP感を感じないホームページとも比較すると一目瞭然。
この辺りを当たり前のように気づくマキさんはさすが元々紙媒体のデザインをやっていただけあると思いながら、1時間練って出来上がったファーストビューはなかなか良いものができました。

一覧に戻る
関連記事

2023.02.08

日報、YouTubeの次は公式LINE
芳賀 和樹

2023.12.20

忘年会後に思ったこととは、、
芳賀 和樹

2023.12.26

営業川畑と人事考課を行いました
芳賀 和樹

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.