JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

伝えられることを早めに

  • 2024.02.08
  • 新井 健史郎

物件の状況を確認

今日は購入検討をされているお客さまへご連絡をさせていただきました。お客さまから「登記簿謄本の内容を確認したい」とご連絡をいただいたので早速メールを作成。謄本を送るだけでは内容がわかりにくいかもしれないと思い、他の資料や動画も添付しようと考えました。せっかく動画を撮るなら他のこともお伝え出来るのではと物件の状況を確認していきました。

資料を見て気になったのは管理組合のお借り入れでした。過去の重要事項調査報告書があり、直近で大規模修繕を行なっておりましたので、こちらの件かとは思いましたが、事実を確認することに。管理会社の担当者さまへ当時のデータがないかを確認しました。長期修繕計画はなかったので、お借り入れの返済予定表をいただき、いつまでお支払いするのか等について確認を行いました。

久しぶりのご説明

動画を撮影しながら一周目は練習を行いました。自分の言い方、伝え方次第では良くも悪くも感じてしまうと思いましたので、わかりやすくをテーマに説明しました。お客さまが謄本を初めて見られる方でもわかるようにを心掛けました。土地の敷地権もあり、土地も4つの筆に分かれておりましたので、公図も説明して重要事項説明を行なっているようでした。

今回はご検討が進んでいたようでしたので物件を判断出来る材料をお伝えしたいと思い作成しましたが、マイナスな部分もある場合は早めにお伝えしていきたいと思いました。重要事項の説明を一部作成するだけで、こちらとしてはあまり手間がないので続けていきたいと思います。あとはリフォームも今回は検討があるので、早めにお見積もりも作成してもらい、購入検討への判断を進めていただきます。

一覧に戻る
関連記事

2023.01.18

見つけてしまった成約事例
新井 健史郎

2024.02.13

しっかりヒアリング
新井 健史郎

2024.02.19

タイミングもご縁
新井 健史郎

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.