JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

興味を持つ大切さ

  • 2024.02.21
  • 藤居 琢也

未経験のご契約

本日はN様のご契約からスタート。不動産業界に携わって、もうすぐ20年近くになるが、未だに初めての経験ばかり。興味を持ちさえすれば飽きる事がない業界だなとつくづく思った。本日のお取引も私にとっては初めての経験となるお取引。ポイント3点で①旧耐震物件の耐震診断をしている30㎡以下のお部屋で住宅ローンが通った事②一度は事前審査で否決となった金融機関であったが、事情説明の文章をN様に書いて頂き、優遇金利が出た事。

③お勤めがフルリモートであるが故に住宅ローンの事前審査がかなり難航する事もある事実を知れた事。そんなハードルをN様に乗り越えて頂き、迎えた本日の朝。私が会社に着いた頃には既にN様がご来社されていた。謝りつつ早速、重要事項説明書のお読み合わせをスタート。開口一番N様より「住所が間違ってます!」とのご指摘を受けたが、地番や家屋番号についての違いや住所の役割についてお話する事からお話を始めさせて頂いた。

努力されているN様に驚かされた事

いつもと違い、かなり緊張されている様にお見受け出来たが、よく考えると元々は留学で日本にお越しになられたN様。あまりにも日本語が堪能でいらっしゃる為、勘違いしてしまいそうになるが、私がN様の状況であればと思うとかなり緊張することは明白。ご不安が表情から伺える時は補足を行いつつお話を進めさせて頂いた。契約関係書類に記載されている文面はいずれも難解で、初めて聞くと日本人でも分かり辛い。

「契約不適合責任」に関するご説明の時には、「大丈夫ですか?かなり難しい文面ですけど、ご不明点無いですか?」と伺うと、「大丈夫です。結局取りませんでしたけど、興味があって宅建試験も以前に勉強した事あるので分かります」とのご回答に私が驚かされた。海外に住んでいた事が私もあるが、海外の資格試験にチャレンジしようと思った事など微塵も無く、母国語の日本語でチャレンジした宅建試験も昨年落ちてしまったが、興味を持ち、積み重ねることで可能性が広がる事を勉強させてもらえた契約となった。

一覧に戻る
関連記事

2023.04.12

リフォーム後の室内確認
藤居 琢也

2024.03.10

奥様のご内見
藤居 琢也

2023.10.01

不動産仲介とは何だろう。
藤居 琢也

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.