JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

距離を置いてみて分かる気持ち

  • 2024.03.24
  • 嶋村 友章

固定概念は良くない

休み明けの昨日は業者さんから受けた査定と、知合いから売却を頼まれた築浅のワンルームの査定を行っておりました。
居住用と投資用では内容は違いますが、過去の取引事例と現在の市況のデータを鑑みて売れそうな数字を算出するという点では、同じです。
投資用のマンションの場合は利回りで、販売価格が決まります。
先日もお客さま所有の投資用ワンルームをレインズに登録したところ、反響が大きくすぐに申込が数件ありました。

売出した金額は決して安くはなく、現状で市場に出ているライバルとなる物件は高い金額だらけです。
取引事例と比較してみても、実際に売れる金額はもう少し安くしないと具体的な話はないだろうと思っておりました。
ワンルームは実需と違って一般の方が情報を手にいれにくい特殊な分野だと思います。
一昔前は業者が買う場合は安く言ってくることが当たり前でしたが、情報は出してみないと分からないと改めて思いました。

聞きたい情報と知りたい情報

私のメインの仕事は居住用のマンションを買取してリノベーションという付加価値をつけて再販売する物件を仕入れる仕事なので、不動産業者から情報をもらって査定をする仕事になります。
いかに情報をもらうかが鍵になってきますが、基本的に情報はメールやLINEなどテキストで送られてきます。
不動産に対しての情報は詳しく分かっても、売却理由や情報の出所、競合の有無などは電話で直接聞かないと分からないことも多いです。

自分が良いと思った物件であればあるほど、そういった周辺情報がとても気になります。
仲介の一辺倒で動いていた時から距離を置いた今は、物件を探しているお客さまの気持ちがよく分かります。
そして、弊社はリノベーションの内容に力を入れています。
ただ内装や設備が新しくなっているだけという訳ではない、その良さをいかにアピールできるかがとても大事だと思いました。

一覧に戻る
関連記事

2024.03.20

他社さんの交流会の場を活用させて頂きました
嶋村 友章

2023.03.20

地元で頼られる営業になりたいです
嶋村 友章

2023.04.29

ひたすら練習あるのみ
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.