JOTO×住まい

BLOG

日報ブログ

物件の仕入れで自分が足りないもの

  • 2024.03.26
  • 嶋村 友章

臆病になってしまった自分

先日に社長と現地調査に行った物件の金額の回答期限が昨日でした。
今回は入札という形式なので、期限内に買付証明書を出して金額が1位にならないと買うことができません。
結果的に弊社が出した金額が1番だったようで、何事もなければ契約の運びになります。
社内会議で私が出した金額では買うことができませんでした。
自分でも出した時点で、この金額では難しいと思っておりましたが、臆病風が吹いていました。

一方で社長が出した金額は、買える可能性がある金額でした。
私と何が違うのかというと、重視していたポイントが仕入れた後のメリットです。
今後としては都心の物件を多くやっていきたいのですが、実際に買って売主の立場になってみて分かることは数多くあります。
それに、売り出している物件が広告塔となって業者から査定依頼がくるというメリットは過去の体験から分かりきっていることでした。

情熱が必要

今回に関しては、立地の良さやエリア的に物件がでない市場の希少性がありましたが、実際に見た時の外観や部屋の構造が、見る前の期待値より下がってしまったことで弱気になってしまいました。
仕入れの営業は、物件の情報を得ることと物件を買うことです。
物件を買うためには、プラス要因を探し出して社長を納得させることです。
悪いことを経験していると、気持ち的に一歩どころか二歩三歩と後退してしまいますが、担当がそれでは良くないと思いました。

人を動かすには、感情に訴えかける情熱が必要です。
同業他社さんの話を聞いても、最終判断の際には社長への情熱に溢れています。
それは自分が所属しているコミュニティ内にて昨夜、飲んだ際に、コミュニティをもっと良くするには個人個人の情熱が必要という話もありました。
仕入れ営業として物件を買うために必要な情熱は、物件情報を仕入れるよりも、最終決断をする時の社内に向けた情熱の方がとても重要だと思いました。

一覧に戻る
関連記事

2023.03.13

情熱は人の行動を変える
嶋村 友章

2023.12.27

好きになるくらい考える
嶋村 友章

2023.03.09

時代が変われば営業手法も変わりゆく
嶋村 友章

Copyright © TwinCompany All Rights Reserved.